システムと料金

システムと料金

システム

ソファーや鏡台などが置いてあるスペースにベッド(マッサージ台)が置いてある。そのとなりに洗い場と浴槽があり、 マットが置いてあることが多い。スペースの関係でマットを壁に立てかけて置いてある場合も多い。かつては個室付き特殊浴場で あるため必ずサウナ設備(ボックス)が置いてあったが、現在では設置されていない店も見られる。また、都道府県条例の規定により 部屋を密閉できないよう、ドアに大きなのぞき窓(ガラスや柵など、遮断するようなものは付けていない)をつけたり、ドア自体がなく カーテンで仕切るところもある。

一般的なシステム

好みのソープ嬢がいる場合は指名することもできる。その場合は、以前入って気にいったソープ嬢の名前で指名(本指名)するか、 店頭や雑誌・ネットで写真を見て指名(写真指名・雑誌指名)することができる。指名する場合は事前に電話で予約する。指名しないで 店に任せることは「フリー」と呼ばれる。当然本指名の多いソープ嬢は店も大切に扱う。

受付で入浴料(部屋の使用料という名目で、これが店の収入になる)を払うとホテルのロビーのような待合室に通される。 本指名でない場合は、ここで出勤中のソープ嬢の写真をみて選ぶこともできる。少し待った後ソープ嬢と対面し、その女性が部屋に案内する。 お互い服を脱ぎ、いわゆるスケベ椅子に座って全裸の女性に体を洗ってもらう(いす洗い)。風呂に入り、潜望鏡なるサービスなどを受け、 その後泡踊りといわれるエアマット上のサービスを受ける(ボディ洗い)。その際性交を行う場合もある。休憩を挟んだ後、 ベッドに移って性交を行う。時間が来るとサービスは終了。ソープ嬢にサービス料を支払う。ただし、後述のランク別のサービスと料金に あるように、店のランクや店ごとのスタイルによって、行われる行為の内容・手順及び支払う料金は異なってくる。 サービス料はソープ嬢の(性的な)サービスに対する対価で、入浴料のだいたい2〜3倍であるが、これはソープ嬢と客の自由意思の範疇で 行われているということになっている。部屋を出る前にソープ嬢から自分の出勤日などを記入した名刺をもらうことが多い。

その他

  • 客がソープ嬢や店に迷惑をかけた場合には、入店禁止措置(店舗からの半永久的なパージ)が取られる場合がある。 例えば結婚を迫ったりストーカー行為をした場合などである。
  • もともとソープ嬢はプロ意識・職人気質が強く、以前はサービス中にキスをしないソープ嬢が多かった。これは「体を売っても、 心までは売らない」という意志を象徴しているものである。しかし近年では普通にサービスの一環として行われることが多い。 1980年代の新宿で恋人風のサービスが始まり、次第にキスが一般的になった。
  • 入浴料1万円、サービス料2万円の場合、俗に「ワンツーの店」などということもある。サービスはあくまで男女間の合意に基づく という建前のため、ソープを紹介する雑誌などには入浴料までしか表示していない場合も多い、またサービス料を含めた全料金を 受付等で支払う総額制のソープランドも多く見られる。
  • 追加料金を支払えば、ソープ嬢2人や3人にサービスを受けたり、予約やソープ嬢が嫌がらなければ時間を延長できることも可能である。
  • 俗に「駅前ソープ」というものがある。ソープの集中する地域以外で、駅前にある店で、「本番」行為はなく ファッションヘルス同様なサービスを受けられる、総額料金1万円前後が多い。

ランク別のサービスと料金

料金は店の格式によって多様で、サービス内容も異なる。一般に、高級店・大衆店(中級店)・格安店に分類されることが多い。 値段の違いは、接客時間、女性の質、店舗の雰囲気のほか、仕事的な感じを与えないかどうかの違いがある。

高級店

店内は高級クラブを思わせる造りと雰囲気で、ソープ嬢も美貌とスタイルを兼ね備えていることが多い。ベテランが多く在籍し、 アワ踊り、潜望鏡やその他個々のソープ嬢の持っている技術で、ソープランドの技を堪能させてくれるタイプの店や、 ベテランと若い女性を両方用意している店もある。店の方針によっては、言葉遣いなどの応対や、接客技術にも一定の水準が求められるため、 若い女性だとなかなか勤まらない場合も多く、必ずしも若い女性ばかりとは限らない。接客時間も120分以上と長い。 料金は総額60,000円以上。

ほとんどの高級店は、待合室の入り口と待合室から個室へ向かうために出る場所は異なり他の客との鉢合わせを避けている。対面後、 すぐに身体の接触が始まり、入室後は時間をおかずに女性が男性の洋服を脱がせ、フェラチオを行う、いわゆる即尺・即ベッド(即即) サービスが売り物になっていることが多い。店のスタイルまたはソープ嬢の接客スタイルとして、どの程度まで身体接触を行うかの差はあるが、 個室に入室する前に身体接触を行うこともある。地域によっては、コンドームを使わないことが高級店の暗黙の前提となっている場合も多いが 、一般的な条件とはなっていない。(サービスの例:即即で 1回、マットで1回、ベッドで1回)さらに、店やソープ嬢によっては、 即アナルなめを行うところもある。一通りサービスが終わった人は、待合室とは別の部屋、いわゆる上がり部屋に通されることになる。

大衆店(中級店)

接客時間は 90分前後であり、料金は総額30,000〜40,000円前後。ソープ嬢の質は中〜上程度。接客開始場所は個室の中で始まることが ほとんどである。中級店クラスだと即尺・即ベッド(即即)サービスは行っていないことが多く、このため、入室後に身体の接触が始まる 時間も高級店ほど早くないことが多い。コンドームの使用を義務付ける店が多く、本番は 2回可能なことが多い。 (先述の「ワンツーの店」は、かつては高級店の代名詞だったが、1990年代頃から高級店が増加したため、現在では大衆店の 代名詞となっている。)中には中級店であってもコンドームの使用をソープ嬢の自由にすることで、事実上、コンドームを使用しないで 接客できるソープ嬢が在籍しているのを一つの売りにしている店もある。

格安店

接客時間は45〜60分程度と短く、総額が 20,000円前後である。比較的安い分、ソープ嬢の容姿が劣っていたり、年齢が 高めだったりするが、店によっては、ファッションヘルス並みに高い回転率のために、稼ぎを重視した若くて美しい子がいる場合もある。

昨今の不況により、高級店では指名数が取りにくくなったコンパニオンが、薄利多売で大衆店等に移る現象もみられる。 また、大衆店や格安店であっても、他店と差をつけるために接客時間を長めに設定している店もある。

関連ページ