ソープ嬢 泡姫 コンパニオン

ソープ嬢

ソープ嬢 泡姫 コンパニオン

ソープランドで接客を行う女性を、ソープ嬢、コンパニオンや泡姫、姫という(かつてはトルコ嬢と呼んだ)。 特に募集広告では、例外なくコンパニオンと表記される。ソープ嬢は20歳以上に限るとしている地域がほとんどだが (北海道など一部地域で18歳以上)、児童福祉法の規定により、ファッションヘルスなども含め、風俗店には18歳未満の者を 雇用することはできない。経験の少ない新人ソープ嬢は、店長あるいはベテランソープ嬢などに講習を受け、性的サービスや 接客の技術などを教わる。なお、ソープ店で「新人」と称している場合は、必ずしもソープで働くのが初めてという意味ではなく、 他店でベテランであっても店を替わった際には新人扱いとなる。また、接客の傾向はその地域によってもばらつきがあり、 素人らしさが売りになる地域と、技術的なことが売りになる地域とがある。指名の多さ=リピーターの多さはソープ嬢の実力を示すことになり、 店での待遇もよくなる。

ソープ嬢が働く理由は、高収入(募集広告では「日給35,000円以上」と表記される)を得るためであり、中にはいわゆる 「バツイチ・子持ち」の者や借金を抱えている者・生活が苦しい者・事業資金を短期間に得たいと考えている者などもいる。 かつては、ソープに勤めるには重大な決意が必要で、その代わりいったん仕事に就いてからは、男性を喜ばせるプロとして強い意識を 持つ女性も見られたが、近年ではアルバイト感覚に近い女性も増えているという。肉体的・精神的に負担の多い仕事であるため 短期間でやめる女性も多いが、一度仕事に慣れると他の収入の低い仕事が馬鹿らしく感じられ、やめても再び仕事に戻り、 ソープランドから中々抜けられなくなるケースもあるといわれている。

勤務形態は、かつては二日連続で出勤して一日休むという「二勤一休」を取るソープ嬢もいたが、現在ではソープ嬢の私的な都合や 常連客の予約に合わせた様々な勤務体制を取っている。なお、休みは「公休日」と呼ばれている。

ソープ嬢は自分の割り当てられた個室の管理をある程度任されており、一般に店内でのリネン・ローション・ドリンク類・ コンドーム・タバコ等は本人負担である。なお、指名のノルマや遅刻・無断欠勤に対しては罰金を取るなど、厳しく管理している店もある。

男性従業員

ソープランドで裏方的に働く男性として、店長、マネージャー、ボーイなどがいる。マネージャーは男女従業員の勤務状況を管理する。 掃除や消耗品の準備、雑用などはボーイが行う。また、地域によっては店の前での呼び込みも行う事もある。 ボーイはマネージャーやソープ嬢から言いつけられる様々な用事を黙々とこなさなければならず、勤務時間が長く、 休憩時間や休暇も中々取れないなど過酷な労働条件の店も多いようである。男性従業員がソープ嬢と交際することは 「ご法度」とされている。

関連ページ